oto`s life

初めまして。oto(オト)と申します。本に纏わるお話をしています。気軽に覗きにきてください。

クジラの彼 有川浩 【感想・ネタバレなし】

こんにちは。

 

今回は有川浩さんの「クジラの彼」についてお話しします。

 

有川さんの書く恋愛小説って、男性側が弱いことが多いようなイメージがあります・・・。笑

 

俺が引っ張るぜ!っていうより、どこか自信がなくて好きなんだけど好きだからこそ変に気を使って逆に彼女を怒らせちゃったり。

 

それがまた、いいんですよね〜

 

図書館戦争」の堂上教官なんてまさにそれで。自信がないけど、彼女の前ではカッコつけていたいけど、ボロが出て、でも彼女のことを第一に考えている。

 

素敵だなあ。

 

 

本題に入ります

 

f:id:oto-life:20200501142740j:plain

クジラの彼 表紙

 

あらすじ
『元気ですか?浮上したら漁火がきれいだったので送ります』彼からの2ヶ月ぶりのメールはそれだけだった。聡子が出会った冬原は潜水艦乗り。いつ出かけてしまうか、いつ帰ってくるのかわからない。そんなクジラの彼とのレンアイには、いつも7つの海が横たわる…。表題作はじめ、『空の中』『海の底』の番外編も収録した、男前でかわいい彼女たちの6つの恋。

 

 

 

一応、短編集という括りになるみたいなのですが、私はもともと短編集が好きではなくて何だか物足りないというかなんというか・・・。

 

ただ、有川さんのこの本は一つの物語自体は短いものの内容がぎっしりで大満足でした。

 

クジラの彼の「クジラ」は潜水艦のこと。潜水艦乗りの人は、いつ戻ってくるかわからない。守秘義務があってどこにいるかも、いつ行くかも基本的には知らされない中で、“待つ側”と“待たせる側”の葛藤が描かれていて、心苦しくなるような場面もありました。

 

好きだからこその、選択もある。でもここに出てくる女性たちは強くて、何日でも何ヶ月でも、信じて待ち続ける。

 

それが、純粋に素敵だなあと感じるとともに羨ましいなあ、とも。

 

潜水艦乗りだけではなく、航空設計士や航空自衛隊、女性の戦闘機パイロットなどそれぞれの分野で“制服”を着用して戦う人たちが、様々な壁にぶつかりながらも前に進むために奮闘する物語。

 

恋愛小説を探している方や、有川さんの作品を読んでみたいと思っている方がいたら是非読んでみてください。

 

  

クジラの彼【電子書籍】[ 有川 浩 ]

価格:416円
(2020/5/1 16:02時点)
感想(4件)

 

 

ではまた。