oto`s life

初めまして。oto(オト)と申します。本に纏わるお話をしています。気軽に覗きにきてください。

どんでん返しの棚、どう思いますか?貴方の意見を聞かせてください

こんにちは

 

この前、twitterで物議をかましている記事を見つけました。

 

とある書店で「どんでん返しのある作品」という棚を作ったそうです。

 

それに対して、批判する人と、「別に良いんじゃない?」という人で大きく分かれていたのが見ていて面白かったです。

 

それに対して少しだけ私が思ったことを。

以前書店に勤めていた経験があるとお話ししましたが、書店の売り上げ面はなかなか深刻な問題があるんだと身をもって感じました。

小説離れしているという世の中で、小説が好きな人も少しづつ電子書籍の方に流れていき、“紙の本”を手に取る人が減少しているのは、まぎれもない事実。

 

そんな中で、きっとどの書店も“普段小説を手に取らない人に手に取ってもらう”ための棚作りにきっと毎日必死なんだと思います。

それがきっとこのように小説好きから批判を浴びることも分かっていたとしても、少しでも多くの人に手に取ってもらうために、試行錯誤の毎日なのではないかと。

 

 

さて「どんでん返しの棚」ですが私は賛成している人、批判している人、どちらの気持ちもものすごく理解できて、面白かったです。

 

どんでん返しがあると分かっていても、結局騙されるんです。

「騙されないぞ」と思って読んでいても騙されるし驚かされる。そのぐらいの描写スキルを持ち合わせている作家さんが山ほどいるはずです。

棚に限らず帯にも書かれていることありますからね。笑

 

これは私の考えですが「どんでん返しの棚」と言うよりも小説の表紙を表にして売る(面展と言います)ことに意味があるんだと思います。実際この棚から購入した人がいるのではないでしょうか。背表紙を見せて販売するよりも面展にして販売する方が圧倒的に売れるんです。

 

そこも策略ですね。

 

反対の意見もものすごく納得できます。

なんの先入観もなしに、読みたい。先に何の知識も入れずに目に入ってくる文章に対し一喜一憂したい。私も一応そのタイプです。

 

ただたまーに、うんと騙されたくて、平和な小説に飽きて、どんでん返しがある小説が無性に読みたくなる時がある。そんな時にこの棚に出会ったら、きっと迷わず見に行ってしまうんだろうなと思います。

 

うーーーーーん難しい。

難しい!

 

どっちの気持ちも納得する!

 

どうですか?

正解がない問題です。

他の人の意見を聞きたいというただの好奇心。

 

気が向いたらぜひ教えてください。

f:id:oto-life:20200520103928j:plain

 

 ではまた。

 

www.otono-oto.com