oto`s life

初めまして。oto(オト)と申します。本に纏わるお話をしています。気軽に覗きにきてください。

もう少しの我慢じゃないか。

こんにちは

 

東京に休業要請が出され、かなりの数のお店が休みになりました。それでもなお、感染者数が100名を超えているという事実に、ただただ不安が募るばかりです。

 

そんな中でも、餃子パーティーをするんだけど、とお誘いを受け、こんなにも身近に危機感をもっていない人間がいるものかと驚き丁重にお断りをさせてもらいました。やめた方がいい、とは言えなかったのですが。

 

休みの期間に何をする、というのを前回お話しさせてもらいましたが、その中で本を読むとういう項目がありました。なので四月に入ってから読んだ本を紹介させてください。

 

 

天久鷹央の推理カルテI    知念実希人

・放課後に死者は戻る   秋吉理香子

天久鷹央の推理カルテII   知念実希人

天久鷹央の推理カルテⅢ   知念実希人

・白い衝動 呉勝浩

・店長がバカすぎて 早見和真

天久鷹央の推理カルテ 知念実希人

・麦本三歩の好きなもの 住野よる

・フリークス 綾辻行人

 

これらが四月に入ってから読んだ本です。さらに家にこもるようになってから初の試みをしたのですがそれは、読了までにどのくらいの時間がかかるかを測ることです。今までは隙間時間を使っての読書だったので自分の読書にかかる時間なんて測りようがありませんでしたが家にいる今ならそれができます。

 

しかし、タイマーで測るとものすごくプレッシャーに感じてしまい話に集中できない・・・。

どうしたもんかと考えている時に、YouTubeで「文学YouTuber ベル」という方の動画を見つけました。

 

ベルさんの映像は過去にも見たことがあって、名前の通り本に纏わるあれこれを発信している方で、おすすめ本の紹介を見て参考にしたことがありました。

その方のチャンネルで、読み切りライブというものがありました。

読始から読了するまでをライブ配信するというものです。右上にタイマーが表示されており、どのくらいで読んだかがわかる。しかしベルさんより早く読了することが条件となりますが・・・。汗

 

時間がわかるだけでなく、何より集中している人がそばにいるとつられて集中できる。余計なものに引っ張られず本だけに集中できるというのがとても良い点です。

 

ベルさんとともに本を読み、大体どの本も一冊2時間から2時間半ぐらいでした。ずっと文字を追っているためかなり体力消耗します・・・。

 

今のところ四月に読んだ本に外れはありませんでした。どれも早く結末が知りたい、けれど終わって欲しくない、そんな作品ばかりでした。

 

どこかでこれらの本の中から書評を書きたいと思っているのでそのときはどうぞお付き合いください。

 

では、また。